代々木公園のケーキ・カフェ「アフターアワーズ」

カリタ「ドリップポットS600」

カリタ「ドリップポットS600」
インスタンコーヒーで十分こと足りていた私が、自宅でコーヒー豆を買ってきてドリップを始めたのは30才に近かった頃。最初はやかんで、そして月兎のホーローポットみたいなもので、そして次に買ったのがこのカリタ「ドリップポットS600」です。
理由は、コーヒー専門店で1番安いポットだったから(4200円だったでしょうか)なんですが、取ってが細くてお湯を入れて持ち上げた時にちょっとシナるのと、注ぎ口が何故か長くてなかなかお湯のコントロールができなかったので早々お蔵入りしてしまったのでした。

最近のエントリー

/

男体山

降りてくる人に「頂上は視界ゼロです」と聞いた通り頂上の視界
/

至仏山

湿原から深い山道へ、森林限界を超えて尾瀬を後ろに見下ろしな