代々木公園のケーキ・カフェ「アフターアワーズ」

パウル・クレー「はじめに光ありき」

bauhaus
私の心の扉をノックした初めての絵は、パウル・クレーさんの「野いちご」。ついこないだのことです。

今日、川村記念美術館に「パウル・クレー展」を観に行きました。
始めから順番に作品を観ていくうちに、「ちょっと待て、もしかして『野いちご』もあるかも?」と気が付いたら、胸のあたりがキュ〜っとなって、ちょっとクラっとなる。

ドキドキと進んでいくと、ありました。「野いちご」。

パウル・クレーが描いたそのものが目の前にある。
コピーでもなくて、筆を滑らせたそのものがドイツから時を越えて目の前にある。
これは衝撃。

最近のエントリー

/

男体山

降りてくる人に「頂上は視界ゼロです」と聞いた通り頂上の視界
/

至仏山

湿原から深い山道へ、森林限界を超えて尾瀬を後ろに見下ろしな