代々木公園のケーキ・カフェ「アフターアワーズ」

TEEMAとKILTA

kilta
左が「TEEMA」、右が「KILTA」。カイ・フランクのデザインで、75年まで作られていたのが「KILTA」。81年から「TEEMA」という名前になっていますが、同じシリアルボールでも一目で違いが分かります。

細かく見てみると、「KILTA」は5mm程度低くて、傾斜(?)も緩やか、そしてちょっと軽いので穏やかな印象を受けるのに対し、「TEEMA」はシャープです。全然違います。

最近のエントリー

/

男体山

降りてくる人に「頂上は視界ゼロです」と聞いた通り頂上の視界
/

至仏山

湿原から深い山道へ、森林限界を超えて尾瀬を後ろに見下ろしな