代々木公園のケーキ・カフェ「アフターアワーズ」

俺とベイビーブラザー

edogiri
「ダンスフロアーにはなやかな光」(今夜はブギーバック)
私は自分からすすんでクラブに行かないので(誘われると喜んで行きます)、ダンスフロアーがどれだけはなやかな光だったかあまり覚えてないんですが、このフレーズを聞くと知っているかのように「はなやかな光にあふれたダンスフロアー」がイメージできます。

この曲は一人称が「僕」なのがいいですね。
「俺」で歌って見ると、とたんにハードコアになって全てが変わります。

最近のエントリー

/

男体山

降りてくる人に「頂上は視界ゼロです」と聞いた通り頂上の視界
/

至仏山

湿原から深い山道へ、森林限界を超えて尾瀬を後ろに見下ろしな