代々木公園のケーキ・カフェ「アフターアワーズ」

第8回全国ちびっ子ボクシング大会

第8回全国ちびっ子ボクシング大会
今日、横浜赤レンガ倉庫で行われた「第8回全国ちびっ子ボクシング大会」の試合撮影に写心家・山口君の助手として行ってきました。
私の役目は、山口君がリングサイドで撮影した写真から販売用に写真をセレクトするというもの。2007年末の「全日本新人王戦」と同じお役目です。

1試合、2分2ラウンド。今日1日で50試合ありました。1試合約90枚ありますから、4500枚の写真を全て見ます。その中から1試合16枚まで絞り込みます。1試合まるごとをリングに上がった時から最後の判定まで時系列に沿って見ながらセレクトしていくので、試合の流れをそのまま写真で見ることになります。そこには大人程派手な試合ではない変わりに、子供ならではの「戦い」がしっかり表現されていました。

最初から試合を写真で追うに従って、相手の気迫や、技術に圧倒されて本当に「恐怖」がその子の顔に張り付いてしまう子が何人もいました。やがてパンチを出すにも腰が引けてきます。けれど試合終了までは四角いリングから逃げることができません。それらの写真を見るだけで「心から怖がっている」ことが伝わってきて、こみ上げてくるものがありました。とにかく見るのが辛かった。

セコンドはジムの方やお父さん。私にはちょっと難しいかもしれません。

最近のエントリー