代々木公園のケーキ・カフェ「アフターアワーズ」

STEVE REICH "Music for 18 Musicians"

石垣島のアーケードでスコールが去って行くのを待っていた
石垣島で泊まった民宿のすぐ先にそのカフェを見つけました。石垣島のどのお店とも違っていてカフェの中の気温は10度位低かった、と思う。直線的なデザインのそのカフェの家具はイームスだった、と思う。扉を開けると大音量だけれど心地よい音楽が身体を包みました。どのお店でもあまり店員さんや他のお客さんと話すことの少ない私もあまりの心地よさにマスターに「これは誰ですか?」と聞くと、おおたか静流さんの新譜だと教えてくれました。さらに尋ねるとマスターはミュージシャンでそのアルバムにも参加したと話してた、と思う。なんだか今となってはあのカフェは本当にあったのかと思う程の不思議な体験。ドットコムすればお店の名前や写真なども出てくるでしょうけど、やめておきます。

自宅にずっと昔からあって一度も聴いたことがなかったSTEVE REICHの「Music for 18 Musicians」を聴いていたらそんなことを思い出すのと同時に、もう今では大きな音で音楽を聴くことがなくなった私でもあのカフェのような場所があればまた大きな音で音楽を聴くようになれるのかもしれないと感じてしまった。

最後に大きな音で音楽を聴いたのは去年の今頃、友人のN田君の素晴らしいオーディオセットを使ってのこと。あの時、私はN田君に「来年はイベントとかでコーヒーを淹れたいと思ってるので、そんなことがあったら教えて欲しい」とお願いしたことも今、思い出した。

また今年もN田君ちで来年の夢を話したら、来年の今頃はそうなってるかも知れないと思うとなんだか幸せな気分になってきました。

最近のエントリー