代々木公園のケーキ・カフェ「アフターアワーズ」

DESIGN PRODUCT MANIA

071207.jpg
「monthly m」2002年2月号。
その頃一人暮らしの私はモノを減らす一方でデザインの良いものを揃えていこうと「monthly m」やら「pen」を買っては斜め読みをしていました。「casa BRUTUS」は値段がちょっと高かったのと、重かったので買わなかったのです。こういった雑誌はおりをみて捨てていくんですが、この特集はとってあります。コレクターが10人、それぞれの方のコレクター小話と自宅と合わせてさまざまなプロダクトが紹介されているのが面白い。「愛のある変態」というと失礼でしょうか。

その中で特に覚えていた方が3人。
1.好きが高じて総輸入代理店になってしまった方
2.せっかく見つけたレアなプロダクトを配達中に壊されて怒っている方
3.コルビュジェは好きだけど自宅には似合わないから置かないという方

それぞれ、ディテールは忘れているんですがあの雑誌でこんなこと読んだなと覚えてたわけなんですが、先日行った「Danese:プロダクトの編集者」展の図録で「1」と「3」の方のお名前を発見。1は桑野泰弘さん、3は柏木博さん。なるほど。

それでこういった雑誌を見て掲載されているモノはあまり買うことがありませんでした。というのもやっぱり「高い」。なので我が家はモノが減って行く一方だったわけであります。

最近のエントリー