代々木公園のケーキ・カフェ「アフターアワーズ」

秋田道夫さんの「セキュリティーゲート」

秋田道夫さんの「セキュリティーゲート」
「ル・コルビュジエ展」を見に六本木ヒルズへ行った日曜日のこと、渋谷から直行バスで行った私たちは地下のバス乗り場から、MORI ART MUSEUM へ昇るエレベータホールへ向かう途中、脇の自動ドアが開いて人が出てきた向こうに秋田道夫さんの「セキュリティーゲート」を発見。思わず「おぉ」って声出しちゃいました。


私とこの「セキュリティーゲート」の出会いは、六本木ヒルズが竣工した2003年4月よりも半年前のことです。当時ビルの窓拭きの仕事をしていた私は、蒲田に竣工したF社の「ソリューションセンター」という名前からして超IT化された大きなビルを担当していました。

相当広いフロアには、パーテーションがほとんどなく、働く人個人に割り当てられたデスクもなく、働いている人たちは朝来てロッカーから自分のPCを出して好きなテーブルに座って仕事をしていく。そんなちょっと素敵なオフィスの1階エントランスに設置されていたのが、秋田道夫さんの「セキュリティーゲート」でした。

首から下げたIDカードで「ピッ」とやって入っていきます。
私も「業者用」のカードで「ピッ」と入る。ちょっと気分がいいものです。
作業着にヘルメットをかぶって「こんなオフィスで働きたいもんだ」と憧れさえしました。

最近のエントリー