代々木公園のケーキ・カフェ「アフターアワーズ」

(s)he loves you

she loves you
これまでも何度か「何でAfterhoursなんですか?」と聞かれたことがありますが、どうも上手にお話できません。近頃、どうやったら私達「Afterhours」を簡単に説明できるかずっと考えています。


先日、友人と話していた時に「I love me」というキーワードを見つけました。そのお酒の席では冗談まじりに「オレ、自分大好き」的に使って笑っていたんですが、「Afterhours」を説明するのにとても重要なキーワードだと感じています。


「Afterhours」は「自分を好きになれる時間」と言い換えることができることに気がつきました。

「(s)he loves you」、「彼(彼女)があなたを愛してるじゃないか」と誰かに言ってもう。誰からみてもあなたは一人ではないと。「I love me」と言えるには自分だけじゃ足りない。


「私を愛してくれる誰かがいる」ことに気がついた時、私は「I love me」。
ちょっと自分を祝福してあげられる。私は今の自分が好きと言える。


私達はちょっと大変な世の中で暮らしていて、いつもちょっと自分に自信がなくて不安です。
「ほっ」とできる時間はちょっとしかなくて、でもそのちょっとの時間はたぶん「I love me」。
そのちょっとの時間がもうちょっと増えればいい、もうちょっと増えるように
「Afterhours」は「(s)he loves you」と伝えたい。伝えたいな。

最近のエントリー