代々木公園のケーキ・カフェ「アフターアワーズ」

CANON IXY DIGITAL 800 IS

CANON IXY DIGITAL 800 IS
CANON IXY DIGITAL 800 IS
初めて買ったデジカメは、サンヨーの「動画デジカメ」というもので、確か5分位動画が撮影できました。そのために本体と同じくらい値段のマイクロドライブまで買いましたが、片手にあまる大きさと重さに負けて持ち歩かなくなってしまいました。動画もそれほど撮影しませんでした。

持ち歩かなくなってしまうんじゃ本末転倒と、次に買ったのがキャノン「IXY DIGITAL L」です。片手に余裕で握れる大きさと乾燥重量100gは素晴らしかった。ジーンズのポケットにも余裕で入りましたし、重さでズボンがズレてくることもないので、いつも持ち歩いてました。Afterhoursの写真の中でheightが長い写真はIXY DIGITAL Lです。写真の楽しさを教えてもらった一台です。四角い筐体もスマートで好きでした。。

先日、このIXY DIGITAL Lを修理に出しました。
撮影とプレビューの切り替えスイッチが故障してしまい、USB接続で写真をPCに取り込むには力いっぱいスライドスイッチをプレビュー側に押してなきゃいけません。それでも1年以上はそうやって親指を凹ませながら取り込んだんですけどね。100枚とか取り込むと親指がスイッチの後に凹んで痛いので、修理センターに送付したんです。

修理センターから翌日メールが来まして、それには何と「スイッチだけじゃなくてCCDにも故障が見つかったんだけど、CCDの部品がいつ入荷するかわからんので、修理代9000円で去年発売した新モデルに交換しますけどどうしましょうか」という一見ナイスなご提案が。その新モデルを調べると画素数も600万(Lは400万)だし、液晶は2.5インチと大きいしということで喜んで交換してもらうことにしました。

ところが、送られてきたのがこの方です。
「IXY DIGITAL 800 IS」

まず、重いんです。約165g。
そして大きい。片手に余ります。
何より、このヌメっとした曲線が「家電的」でお好みではありません。ボタンまわりもカブトムシ。レンズもにゅ〜っと長くて丸い筐体とあいまって全体的に昆虫のようです。
ここまではセンスですが、問題はスイッチ類が筐体の上下左右天地に散らばっていてどこで何が操作できるのかが分かりにくいところです。
バッテリーとメモリーカードは底。
USBとオーディオアウトが左側面。その手前に撮影モードのダイアル。
ズームがシャッターと一緒に上部。
液晶の上にはパワースイッチ。
その他、ダイレクトプリントボタン、ディスプレイのオンオフ、メニュー表示やらなんやら。
トドメにパッと撮影した画質がよろしくない。高機能らしいのでセッティングすれば高画質なのでしょうが、それじゃ意味がないのです。パッと撮りたい。パッと。


ここまで書いてて分かりました。
これ、車ですね。車のかたちだ。


モノに未練を感じることはとても少ない私ですが、今回ばかりは「IXY DIGITAL L」カムバック。

最近のエントリー