代々木公園のケーキ・カフェ「アフターアワーズ」

ロースターのデザイン

珈琲大全
先日、自分で焙煎したコーヒー豆が、焙煎から10日経ったところで、香味に変化がありました。しかし、「やや疲れた味」になっただけ。酸味が低下し、エグ味と絡み合い、鋭さがなくなってしまいました。

我が家には珈琲本が数冊あります。どの本も今までは焙煎の章を読み飛ばしていましたが、焙煎体験以来、その焙煎の章が面白くなりました。1キロのロースターが60万円、5キロになると200万円もするそうで、趣味で買うレベルではありませんし、第一置く場所がありません。

教えて頂いたマスター曰く、「どのロースターもデザインが良くない」。
1キロのロースターは確かに見るも無残で、「AKIRA」の寝床のようです。3キロ、5キロのロースターもそれなりですが、クラシカル、まるで蒸気機関車のようでもあります。

最近のエントリー