代々木公園のケーキ・カフェ「アフターアワーズ」

THE LONG SEASON REVUE

97年9月27日の日比谷野音。

体がムズムズして立ち上がってステップを踏んでいましたが、どうにも窮屈に感じてしまい、ステージが見えなくてもいいから、このビートだけ届けばいいからと思って、席を離れて客席の裏側で踊っていたら、同じことを感じた人が次々と増えてきました。たくさんの人が自分のダンスをそこで踊っていました。

ライブが終わると、そこで踊ってた人はみんな笑顔で、「また会おうね」と握手。

ライブはもちろん、クラブに行ってもほとんど踊らない私が幸せに踊らされたのがフィッシュマンズ。

今日やっと、映画「THE LONG SEASON REVUE」を観ることができました。
あっという間の2時間。

始まってすぐのドラムのビートに体が反応しました。

最近のエントリー