代々木公園のケーキ・カフェ「アフターアワーズ」

HOLA
落ち着きがなくて、せっかち、思い立ったら吉日の私も、今ではスローダウンしました。
歩き方にも表れていて、前傾姿勢で、かかとを地面につけずにつま先だけでピョコピョコ歩いていたそうで、学生の頃はよく真似されました。子供の頃からずっとそんな歩き方でしたので、私の足の親指の関節は大きく変形しています。歩く速度もかなり速かったんですが、最近ではピョコピョコ歩きもなりを潜め、速度も遅くなっています。

この川崎和男さんの時計「HOLA 2002」が我が家に来て3年。
ご覧のようにぱっと見ただけでは時間がよくわかりません。「時間を知りたい」と思ってじっと見ないと何時何分かわからないので、時計を見る行為を意識することになります。

私はデジタル時計で時間を知る事に慣れています。朝のテレビ番組の端っこにある時計をチラ見しながら、朝の家事を次々とこなしていく母が強く印象に残っています。
デジタル時計の数字はそのままどんどん進んでいくだけなので、「時間は戻ってこないし、待ってくれない」からどんどんやらなきゃダメなのよと、どこかで植えつけられたのでしょう。

アナログの時計は、時間が進んでも秒針がまたぐるっと戻ってくるので、「時間は待ってくれない」感が少ない。そしてこの「HOLA 2002」は、時間がパッとみてわからないので時間できっちりと行動しなきゃ、という強迫観念みたいなのが薄くなります。
これをちゃんと目盛が入っていて、針もばっちり見える時計だったら、またせっかちな人に戻ってしまうような気がします。今の生活のペースをこの時計がサポートしてくれています。

*それでも、待ち合わせには絶対遅れないんです、私。10分くらい前に着いちゃう。

edogiri
「ダンスフロアーにはなやかな光」(今夜はブギーバック)
私は自分からすすんでクラブに行かないので(誘われると喜んで行きます)、ダンスフロアーがどれだけはなやかな光だったかあまり覚えてないんですが、このフレーズを聞くと知っているかのように「はなやかな光にあふれたダンスフロアー」がイメージできます。

この曲は一人称が「僕」なのがいいですね。
「俺」で歌って見ると、とたんにハードコアになって全てが変わります。

宇宙研究所
最近、一眼レフのデジカメを使ってい始めましたが、思ったような写真が撮れずに悪戦苦闘しています。当たり前なんですが、どこを見ているのかという視点が明確にないと何も映ってない写真になるんですね。私自身に何かを見つめる視点があるかどうか。カメラは、「あなたを何を見ているの?」と問うています。

cafe shozo
「飯に合う」
私にとってこれが食べ物の一つの大きな大好き基準なのですが、そもそもどうもお米が私には合わないようです。例えば朝食には、焼き魚とお味噌汁とお新香と納豆とご飯が理想なのですが、このラインナップにすると朝ご飯を食べた後に、気絶する位眠くなってしまいます。ランチもしかり、ディナーもしかり。ご飯を食べると身体が重くなったり、眠くなる。

ご飯が好きなので、それらがまさか米の仕業とは思ってみなかったんですが、試してみるものです。米を避けて暮らしてみたら、そんなことが分かりました。

宇宙研究所

「キテる」人は、文字通りにこちらに向いていてくれる人。
「イっちゃってる」人は、こちらには気をかけずに背中を見せて遠くへ向かって行く人。

自分にとって新しいものに触れる時は、「キテるねぇ」と感じるか、「あぁ、いっちゃってる」のどちらを感じているかを自分に探します。これは、私もその時にそのものに気が向いているかも大きく関係するので、お見合いみたいなものです。

小沢健二「Ecology Of Everyday Life 毎日の環境学」をやっと聴くことができましたが、この人はいつも遠くで私と平行に歩いているように感じます。作品毎に新しくて、小沢健二自身をトレースすることがないのはただただ凄い。