代々木公園のケーキ・カフェ「アフターアワーズ」

環境を整える技術

brian eno 「ambient1 music for airport」
一人暮らしを始めたのは19歳の時。それまで実家の狭い狭い部屋で過ごした私は、少しでも広く使おうと家具らしい家具は置きませんでした。それは今でも変わりなくて、私の家はモノが少ないし家具もほとんどありません。

できるだけ広くした部屋(とは言っても所詮は6畳程度なわけですが)で大きく音楽を響かせようと、クラシック以外の様様なジャンルの音楽を探しては聴き、好きになってきましたが、近年一番しっくりくるのがこのアルバムです。私はながら音楽を聴くことができないのですが、このアルバムは何をしていてもかけっ放しにしておくことができる貴重な音楽です。

こう書きながら気が付いたんですが、このアルバムが好きというよりもこのアルバムがしっくりくる空間が好きなのかもしれません。このアルバムがしっくりくる部屋作りができてきたということならば、私はとても嬉しい。それは好きなものに囲まれているということだから。

最近のエントリー