代々木公園のケーキ・カフェ「アフターアワーズ」

24時間制反対運動

歳をとるごとに一日過ぎるのが、時間が過ぎてくのが早くなります。とどまるところを知らない加速に、どんどん巻き込まれて行くこの感覚は多くの人が感じるのではないでしょうか。

時間のスピードが速くなっていくのは、人それぞれ、そして諸説ありますが、15才の一日と37才の一日はほんとうに同じなのでしょうか。
15才の一日は25時間で、37才の一日は18時間じゃないのでしょうか。それを無理やり24という枠に収めようとするから、おかしなことになる。

それを気付かせないようにするのが宗教。無欲で、清貧でいれば時間に追われることはないでしょ?
そして宗教がなければ戦争がなくなると考えると、人類は24時間という考え方に翻弄されてきたことになる。

24時間から開放されようではありませんか。

最近のエントリー