代々木公園のケーキ・カフェ「アフターアワーズ」

051230.jpg
さて、2005年を振り返ると、私にとっては大発見の一年でした。
自分にできることと、できないこと、やりたいこととやりたくないこと。ほとんどのことが今年初めて知ったことではありません、「やっぱりそうだよね」と再発見したことばかり。例えば「私が売ったものを飲んだら具合が悪くなる」と分かっていながらも、上司の命なら売らなきゃいけないのがサラリーマンなんでしょうね。と言い聞かせてチャレンジしましたが、そんなものはとてもとても人に勧められない、売れないんです。
「これの良いところはね、、、」と湯水のように言葉が涌いてくるような、自信を持って人に勧められるものを作りたいなと強く感じました。こんな社会人一年生が言うようなきれい事ばかりじゃ生きていけないよと多くの人は言いますが、美しく清々しく生きる努力をする方が、いかにして毒を沢山売るかを努力するよりは良いとおもいます。

2006年は捨てることをテーマして暮らします。

皆さんにも素敵な一年でありますように。
今年一年お世話になりました、どうもありがとう。

TOMOSのFAQと言えば「壊れやすいそうですが、本当ですか?」でしたが、最近はあまり聞かれることがなくなりました。7〜8年前よりは部品が良くなったことと、壊れても修理してくれるショップが増えた安心感が、その質問が減った理由です。そして最近は、「スピードが遅くなりました」や「テールランプホルダーが何度交換しても割れてしまいます」が主流になっています。どれも私も経験していますので、その解決策もrocketshipTOMOSに書いてますから、rocketshipTOMOSの会議室でそう質問する方はいません。しかし、例えばmixiなどでは良く話題に登っていますので、まだまだrocketshipTOMOSにたどり着く方が少ない、もしくはrocketshipTOMOS内の情報が見つけにくいということです。もっと分かりやすい構成にしなければいけないんですね。そしてもっと有名にならないと不便。

best of velvet underground
iTunes music storeで「pale blue eyes」のヴァージョン違いを見つけたので、悩んだ揚げ句にbuy nowしてしまいました。何故悩んだかと言うと、一度許してしまうと止めどなくbuy nowしてしまいそうだから。一曲150円なら、、、と10曲買えば1500円です。自制できないのは私の短所です。止めどなくなってしまったので、タバコは止めました。

さて、その「pale blue eyes」は、closet mixというだけあってlouが私の目の前で歌ってるような素晴らしいミックスだったので、今日はこのヴァージョンが収録されているアルバムを探して買いました。ネットで試聴してアルバムを買うという使い方もあったんですね。CDの買い方が増えたことを考えると、iTunes music storeは素晴らしいじゃないですか。

カリモクKチェアー
こんなに清々しく連休を楽しめるのは久しぶりです。ゆっくり昼過ぎに起きて下北沢へのんびりと買い物に行くことができる幸せ。「cafe ordinaire」 は初めてコーヒーの美味しさを私に教えてくれたカフェ。混みあっていてもどこか静かで清潔で居心地が良い、コーヒーを傍らに読む文章がどんどん身体に吸収されるのが楽しい。きっと頭をクリアにする電波があの店にはピリピリしているに違いない。私の中ではここを知る前から、カフェとはこういうお店でした。
それは、私にとってのソファがカリモクのソファであったのと同じです。

出会う前に出あっていたようなモノや人に囲まれての暮らしはきっと素敵でしょう。